LINE@始めました!友達登録してね!

7歳までは神のうち!?そして子どもと本当の意味で話せるのは「たった7年」かもしれない話

「7歳までは神のうちっていう言葉があるよね。この子はまだ子どもではない、半分神様なのでは?」

これは私が半分育児ノイローゼだった時に思ったことです。

難産と搬送に始まり、退院後も毎日病院通いが続く形でスタートした私の初めての育児。

娘はとてもよく泣く赤ちゃんで、その時期の気持ちはとてもではないけど、明るいものではありませんでした。

 

 

宇宙人かと思ったけど神だった

最初は理解を超えた娘を前に「赤ちゃんって、宇宙人なんじゃないか?」と言う思いが浮かびました。

でも宇宙人と思ったら何だか腹が立つので(笑)この理解を超えた存在は「神様なんだ…!」と思うことにしました。

宇宙人だと思うと腹が立つことも、神様と思うと腹を立てても仕方がないような気がしたのです😂

 

「7歳までは神のうち」

この言葉はもともと子どもの生存率の低さを表した言葉です。

「7歳になるまでの子どもは神様の一部である。この世を去ってしまっても仕方がない」という意味合いが込められています。

現代では、この言葉が指すほど子どもがすぐ死んでしまうことは少なくなりました。

それでも、今も生まれたての赤ちゃんは理解を超えたという意味で神様に近いように思います。

この世に馴染むための最初の7年間

・赤ちゃんは言葉を持たない=定義付けやそれによる制限を持たない

・赤ちゃんは現実を大人のような知覚や概念では認識していない

・この7年間は体と心の感覚、言葉、現実の定義付けを養う期間

私はこの最初の7年を「ようこそこの世への7年間」と読んでいます。

生まれてきたばかりの赤ちゃんが人になるべく、この世に馴染んでいく重要な7年間です。

子どもとしっかり話せるのはおそらく7年程度

それは、「子育てはこの7年間を3回繰り返せばおおむね終わる」ということです。

それぞれの7年間を私なりに考察し、

・「0歳~“ようこそこの世へ!”、この世に馴染む7年間」

・「7歳~ティーンエイジャーの入り口までの7年間」

・「14歳~精神的に巣立ちを始める子どもをサポートする7年間」

と分類しました。

私は周囲に年上の知人友人が多く色々観察したりアドバイスをもらう機会がありました。

そこで気づいたのは、

子どもとちゃんと話せる、多くを共有できるのは、7歳からの7年程度だ

と言うこと。

 

子どもがティーンエイジャーになると、自分と親しい友人たちや恋人の世界を大切にし、親を必要とすることはぐんと減ります。

進学などで子どもに対して経済的な支援の必要性が増える反面、精神的なサポートや会話もよほど気をつけて尚「うざい!」なんて言われちゃう時期であり、それでこそ健全です。

 

これに気づいたことは私にとって一つの転機でした。

※これをインスタで書いたり、投稿したところシュタイナー教育が「7歳までは夢の中」という概念を持ち、育児を7年×3クールで考えているという話を紹介頂きました。不勉強ながら調べてみたら、そのとおりで何だかショック😂こちらも有意義と思いますのでご興味のある方は調べて見てください。

2018年現在はこれを踏まえ、7歳をすぎる日を楽しみにしながら5歳と3歳の子どもたちに感情の扱い方を主に授けようと思い接しています。

育児はどんどん楽しくなるし、子どもはずっと可愛いよ

赤ちゃんには確かに、変えがたい可愛さがあります。

ぷにぷにの太もも、ほっぺ、まだ歩いたことがなくフワフワの足の裏…❤

ですが、個人的には『成長した子どもの話を聞ける素晴らしさ』も赤ちゃんの可愛さに匹敵すると思います。

娘が赤ちゃんの頃のことです。

知っている人も、見知らぬ人も、赤ちゃんの娘を見て一番言われたのが「今が一番いい時期よ~」でした。

散々言われましたが、コレ、実は辛かった💦

当時は「こ…こんなにボロボロにされる今が一番いい時期だなんて(絶望)」って思いました😱

それから数年経ち、

「一番いい時期、続くじゃないか!むしろ、どんどん楽しくなる」というのが、今の感想👍

その方が希望が持てるし、大変な時期も救われるじゃない❗

「あの時教えてほしかった…」と強く思い、最後に書き添えます✨

この記事のまとめ
  1. 0歳~7歳までは「この世」に馴染むための時間
  2. 7歳から、本当に語り合える7年間が来る
  3. 育児はどんどん楽しくなるし、子どもはずーーっと可愛い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です